Flyers.web

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏のライン河クルーズ

<<   作成日時 : 2012/07/17 02:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

フランクフルトからの日帰りバスツアー

平日にも関わらずほぼ定員の観光客を乗せたバスは、ライン河沿いを
下流に向かい【アシュマンハウゼン】の街を見下ろす丘の上に到着。

ここからリフトに乗って市街地まで降りていくと、早速眼下にライン河の
雄大な流れが飛び込んでくる。両岸の丘陵地帯にはこの地方を主な
産地とするドイツワインのブドウ畑が広がり、早くもテンションアップ

画像


アルプス山脈の雪解け水を源とする全長 1320kmの国際河川【ライン河】。
流域の6カ国を流れて北海へと注ぐヨーロッパの大動脈は、太古の昔から
周辺の土地に恵みと繁栄をもたらしてきた、まさに『父なる河』なんだね

ドイツ国内を流れるのは、ライン河全長のうち半分近くを占める 698km。

【ライン渓谷中流上部】とよばれる約65kmの区間では、河川の両岸に古城が
立ち並ぶことで知られ、2002年にはユネスコ世界文化遺産に登録されている。

画像


画像


アシュマンハウゼンの街についたら、可愛らしい街並みを歩いてレストランへ。
ツアーのパッケージに含まれる昼食なのであまり期待していなかったけれど、
なかなかどうして…良い感じでした。水の料金を取られたのはご愛嬌〔笑〕

補足情報だけど、ドイツはトイレまでサッカー仕様

画像


敢えてゴールを外してやったぜぇ〜。ワ●●●だろぉ??





さてさて、料理とアイスワインと時差でホロ酔いになったところでいよいよ河下り
思ったよりも流れが速く、客船を反転させて船着き場に接岸するテクニックが凄い!

画像


画像


乗船したらバーカウンターでヴァイスビアを購入してそれを片手に甲板へ。
初夏のヨーロッパは本当に屋外が気持ち良い。周りの観光客も一緒に乾杯

今回の河下りは【ザンクト・ゴアール】の街まで約1時間のクルージングを楽しむ。

画像


画像


画像


中世の頃、諸侯は交易の要であり貴重なワイン産地であるこの地にこぞって進出した。
河畔の土地は数kmごとに領主が変わったそうで、領土毎に船から通行税を徴収する
関所が築かれたんだって。見晴らしのよい高台に建つ城は当時の名残りなんだね

中にはこの【プファルツ城】のように中州に建てられたものもあり、
狭い範囲で様々な種類のお城を見られるのもライン河下りの魅力。
高級ホテルになっているお城もあるそうで…泊まってみたいなぁ

画像


ちなみに、これらの古城群はどれも19世紀〜20世紀に再建されたもの。
かつての城塞は、ナポレオンらフランス軍の侵攻により大部分が破壊され、
後にドイツを統一したプロシアにより、ロマン主義の精華として甦ったらしい

歴史の勉強をしているうちに、ライン河クルーズもいよいよハイライト。

ザンクト・ゴアールの手前、河の右岸に聳える巨岩【ローレライ Loreley】。
ここはライン河の中で最も河幅の狭い難所にあたり、河畔に佇む美しい
少女の歌声に惑わされて多くの船乗りたちが命を落としたという伝説の地。

画像


画像


ハイネの詩に、リストやシューマンら名だたる音楽家が曲を付けていることでも有名

船に乗っていたドイツ人のマダム達も一斉に立って歌っていたから、
この国ではたくさんの人に愛されている伝説&唱歌なんだろう。

画像


画像


クルーズ船を降りた後は、ライン川の流域で生産されたワインのテイスティングや
【リューデスハイム】の街でのお買い物タイム。オプショナルの内容も充実していて
大満足の1日でした。今度は河を遡上する船に乗ってのんびり景色を楽しみたいな

画像


さあ、フランクフルトに戻って夕飯だっ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ライン川クルーズ、気持ち良さそうですねぇ〜。
ずいぶん昔になりますが、ザンクトゴアールにあるラインフェルス城に泊まったことがあります。
レストランからはライン川の美しいカーブが見えて、感動的でした。
とっても素敵なので、どうぞ奥様と一緒にいらしてください!
おばさん
2012/07/17 23:43
おばさんさん

こんばんは、返信遅れてごめんなさい。

夏休みでこの業界は大忙しですよね…私も西へ東へ奔走しております。古城ホテルに泊まられたことがおありなんですね!素晴らしい。羨ましいです。いつか行ってみたいなぁ。ちょうどライン川クルーズのハイライトですもんね。それは綺麗でしょう!

ロンドンも盛り上がっていますね。ご贔屓のテニスもケイ君がやってくれましたね(^^

私も明後日から五輪本番のロンドンまで〔お仕事ですが…〕行ってきますっ!暑い夏、ご自愛くださいませ。
Flyers #1
2012/08/05 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏のライン河クルーズ Flyers.web/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる